pachibee
動画検索

リーディングライブって結局「朗読劇」の事ですよー 横文字にすると新鮮になるマジック(笑)!

2019年01月16日

皆さんこんにちは!荻原秀樹です。
1月も中旬から後半へと差し掛かってきましたが、2月に入ればもうすぐ節分!という事でスーパーなどでは恵方巻のポスターを見かける様になりました…と言いたいところですが、正月三が日が終わった時から、地元のスーパーは速攻恵方巻!デパートやコンビニも速攻バレンタインに模様替えな日本の商戦。逞しいですねー!ていうか、思いっきり我々は踊らされてますねー(笑)!

さてそんな荻原も、バレンタインちょっと後くらいの2月17日にイベントが2つ重なりまして…。朝と昼に別々のイベントなんですが、両方とも朗読あり。というより朝の朗読イベントは単独朗読!会場は古民家を改造したカフェですので、独特な雰囲気の朗読会になりそうです。音響効果も事前に仕込み&設営・オペレーティングも自らしながらやってみようと思うので、どんな風になるか今からドキドキです!果たしてうまくいくのか!?1カ月前となりましたのでそろそろ本格的に準備をしないといけません!頑張ります!

最近では、大きな会場ではない朗読会や朗読イベントも結構増えてます。もちろん随分昔からこういった演目の舞台やイベントは今までも沢山あったのですが、声優や俳優が商業主体ではなく、プライベートプロデュースで主催するものも増えてきたので、身近になりました。以前ですと朗読劇の会場は舞台芝居と同様に、舞台小屋や公民館、体育館などが中心だったと思いますが、ここ10年でライブハウスや小さなイベントスペース、喫茶店やBARなんかでも定期的に行っている人や団体をよく見かける様になりました。

呼び名も朗読劇からリーディングライブという横文字式で表現する事も多くなり、イメージも一新した感じでしょうか。昔よりラフな感覚で観て貰えるようになりました。荻原は昔から舞台芝居等のライブで人前に立って演じる事が好きだったりします。客との一体感は一度味わうと癖になりますよね。アーティストや芸人さんのライブもやはり同じで、生で観て貰いたいと感じます。

最近頻繁に朗読イベントが増えている理由の1つに、芝居の舞台に比べて気軽に開催できるというところ。芝居の場合は、仕込みから公演までの間に相当な準備や稽古が必要ですが、朗読の場合は舞台芝居ほど準備は必要なく、しかも広い会場から小スペースな場所まで幅広く対応できるのが良いところですね。というより、どちらかというと朗読はそれほど動きがあるわけではないので小スペースの方がライブ感があって楽しいかもですね。

広いスペースの場合は巨大スクリーンを入れたり、演者を動かしてみたり、舞台に特殊効果で演出してみたりと、より大掛かりにして目で楽しませなくてはいけないので、結構予算が必要だったりします。とはいえ、やはり朗読劇や朗読会はまだまだマイナーで、舞台芝居よりも一般的にはなじみがなく、ごく一部の人々に熱烈に親しんでもらっている様に感じます。

話は少し変わりますが、海外の映画やドラマを観ていると、書店で小説家が自分の本を売る目的で朗読しているイベントのシーンがあったりしますが、日本の本職の小説家が自ら朗読するイベントって少ないような気がします。

どちらかというと、イメージは直筆サイン会ですかね。イベント内に朗読コーナーがあったとしても、司会者や声優や俳優さんやアナウンサーが代読しているような印象です。そう思うと、海外の小説家って凄いですよねー。もちろん全員そういった人たちじゃないんでしょうけど、書き手が人前で多くの客に読み聞かせるバイタリティーは、日本の物書きさんのイメージと全く違います。でもまぁ、日本でもそんな感じになったら、我々の仕事の1つが奪われてしまいますけどね(笑)。

ちなみに荻原は声優なんで、仕事自体が「キャラクターになって人々に読み聞かせる」職業。基本はこれがベースで仕事をしているのですが、俺のファンのイメージでは、荻原はラジオやイベントでトークというシーンがマスコミで多く取り扱われるので「トーク以外の荻原秀樹をあまり知らない」と思われてしまいがちです。

まぁ、元々声優は裏方業という風に考えているのでそれはそれでいいのですが、どうしてもトーク業のイメージが付いてしまっていて、ファンの中には、「荻さんのトークには興味あるけど芝居には関心がない」と思っている人が結構いるような気がします。その理由の1つに、俺のファン層はアニメやゲームが好きないわゆるオタク系がファン層なので「自分の好きなアニメに出ていないと興味ない自分の興味あるゲームジャンルのラジオに荻さんが出演しているからトークをしている荻さんは好き…故に荻さんが演技している姿を知らない」という感じでしょうか。結局みんなが大好きなアニメに出演してくれという事ですかねー。最近ですと洋画の吹き替えなんかも出演しているんで、観て貰いたいところなんですがね。特に、ライブ感ある朗読会や朗読劇をぜひ来て貰いたかったりします。

という事で、2月17日は2イベント両方とも朗読がありますんで、ぜひ一度体感して貰えたら幸いです。という感じで自らプレッシャーを与えつつ今月と来月は下準備に精を出しますよー!!朝開催の朗読会は自ら執筆するオリジナル台本を朗読する予定で、音楽や効果音も自分で仕込みます!先ほども書きましたが当日はマイ機材を設営、本番はオペレーティングしながら台本も読むという…音楽で言ったら…バンドやります!全演奏&歌唱を全部自分一人で一緒にやります…みたいな感じでしょうか(笑)。ひやぁー、上手くいく自信が全くない(笑)!!

さて、来週はどんな話をしましょうか、こうご期待!
ではまたお会いしましょう!!アデュー!!