pachibee
動画検索

1日で4.5役!?やっぱり朗読劇は楽しい!

2019年02月20日

皆さんこんにちは!荻原秀樹です。
先週末の2月17日に2つのイベントに出演してきましたー!!
このコラムでも話した事があると思いますが、まず朝は『モーニング・レーゼ縁(えにし)』という定期朗読会

こちらは、漫画家の麻宮騎亜先生主催の朗読公演会で、毎回声優さんを呼んで朝早い時間に小説や台本や漫画などを読み聞かせる会だそうで、今回荻原にお声がけ下さった次第です。

今回の会場は要町にある「藤香想(とうかそう)」という古民家カフェ。
朝方の清々しい光の中、朗読をしてきました!今回皆さんに聞いて頂いたのは『バレンタインの君へ』という作品で、荻原のオリジナル脚本です。以前、書き下ろした小説をCDにして販売した事があるんですが、その話とその続きの話を一つにまとめて上演時間50分強、全5章として朗読させて頂いた次第です。
(朗読終了後のトークパートで主催の麻宮先生と共に)

荻原が書き下ろしたオリジナル脚本なので、あの会場で今回初めてお披露目する内容…。来て下さった皆さん楽しんで頂けたでしょうか…。しかも単独朗読でずうっとしゃべり続け、途中泣いたり叫んだりするシーンもあったりするんですが、客席と近い近い(笑)!

いつも「モーニング・レーゼ」では音楽や効果音は無いそうなので、荻原自ら自分の機材を持ち込んで音楽や効果音を出しながら読んでみました。
しかしこれが本当に大変で、音響操作をする為には台本から目を離さないといけないのですが、今回約30曲とSE(効果音)20個強、約50音声を泣いたり叫んだりしながらやらなきゃいけなかったので、結果噛みが多くなってしまいました…。そりゃそうだわな(笑)!申し訳ありません!

声優さんの朗読会で音楽&SEを自ら出しながら朗読する劇がない理由…。改めてよく分かりました!!しかし今回は、それも含めてチャレンジだったのですが、もう少し仕込みや本番時の操作手順を模索すれば、もっと上手くいく手応えを感じました。今後また単独朗読公演をする時は、新たに改良してまたやってみたいなと思います。宜しければ是非お越し下さい!

実は他に心残りだった事がありまして…。今回音響機材を自ら持ち込んでいた為、撤収作業も自らが行う訳ですが、その際わざわざこんな朝早く(開演朝9:30)、都内ですとパチンコ・スロット開店より早くから観て頂いたにもかかわらず、お見送りのご挨拶も出来なかったという…。一人一人に「来てくれてありがとう」を直接言いたかったです!!この場を借りてになりますが、本当にありがとうございます!!

実は撤収作業を早く終わらせなくてはいけなかった理由は他にもありまして…。13:30から開演のイベント、ソワザワライブ「Fool on the bottom」にゲスト出演する事になっていたので、慌てて移動!会場入りしたらほぼ即本番という!

こちらのイベントですが、声優の中澤まさともさんが、以前から彼が関わりのあるゲームのキャラクターイメージをコンセプトに、ゲームメーカー公認でアンソロジックな形で彼が全曲歌った『音楽アルバム』の発売記念イベント…という、文字で書くと中々に分かりづらくなってしまいましたが、彼の思い入れたっぷりのイベント!以前ラジオで荻原もお世話になったZIZZ STUDIOさんが音楽制作をされた至極の一品!

歌と朗読で繋いでいく形式だったのですが、その朗読部分で中澤君とご一緒させて頂きました!それにしても中澤君歌上手い!しかも普通声優さんに歌わせないであろう難解で困難な曲ばかりを歌い上げていました。普通こんな楽曲依頼が来たら声優事務所の方で難色を示すだろうという難易度なんですが、今回のアルバムは作曲家のxakiさんが全曲作られていて、コンセプト発注は中澤君自ら彼にしたそうなので、中澤君はどんだけマゾってるんだと(笑)!!!
あ、中澤君のファンの方すみません!それだけ凄い楽曲を素晴らしく歌い上げてるなぁーと感銘した次第です。

さて、荻原が参加した朗読のお話も、中澤君が自らプロットを書いたオリジナル脚本。本当にやりがいのあるキャラクターを演じさせて頂きました!いやぁー、役者冥利に尽きます!朝の朗読と一緒で、これまた叫びまくりシーンがあって、脚本に(叫んでしゃがみ込むイメージみたいな)内容が書いてあったんですが。叫んだら酸欠で立ち眩みが起きて本当にしゃがみ込みそうになったんですが、その後拳銃を構えて撃たなくてはならなかったので、必死に耐えていたという…。実際は頭がグラングランでした(笑)。

朗読ラストで声優の高橋研二さんが登場して中澤君とデュエット!高橋君は、このゲーム作品の朗読劇に出演していたそうで、今回朗読には出演しなかったのですが、歌で参加!めっちゃカッコ良かったです!
朗読&歌終了後は、上記メンバー&制作指揮をされていたZIZZ STADIOのBOSSでバンマスでもある磯江俊道さんも含めてのトークショー!終演後に記念写真を撮らせて頂きました!
磯江さんは、夜のアニバーサリーライブリハーサルの為、舞台に居たのでトークコーナー全員での集合写真にならなくて残念!

改めて思うと、自分の朗読劇で3役(章により主人公が変わる)、中澤君のイベントで1.5役(演じたキャラクターが実は別の人物が化けていたという設定)なので、1日に計4.5役を観客の前で演じさせて頂いた、本当に充実感のある日になりました!いやぁー楽しかったー!!

今後こういった形で、皆さんの前でキャラクターを生で演じる機会もあると思いますので、ぜひ会場に観にいらして下さいねー!

という事で、次回もお楽しみにー!!アデュー!!!