pachibee
動画検索

パチンコ業界

2017年09月25日

私はパチンコ業界に従事し始めて20数年になる。ドップリ業界人である。。。

そんな私に先日、はじめて高校の同窓会(クラス会?)の連絡があり、出席するため都内某所に行ったのだが、早く着きすぎたのでパチンコをして時間を潰すことにした。まぁ~こういう時には得てして大当りを引く。そして、やっぱり確変に入ったので当然の如く同窓会には遅れることになった。



……

で、1時間ほど遅れて会場につくとみんな揃ってた…

ヤバイ…。みんなもうジジイとババアである…。見た目はもう同級生とは思えないくらいジジババであった…。

しかも行動もジジババで、夜10時くらいには解散、次行くのかと思ったら「もう疲れたから帰る」とか「明日早いから…」などと言い出すではないか…。

なんじゃそりゃ~


うちらの業界だと夜10時集合とかざらにあるのに…。2次会に参加したのはわずか3名という寂しい同窓会であった…。

まぁ~それでも久々の同級生達と楽しく話をしていたのだが、業界が違うと常識も考え方も違う。ドップリ業界人だった私は当然だと思っていた、というかすっかり慣れていて異業種の同級生から指摘されてハッとすることがたくさんあったのだ!

いくつか挙げると…

①確変で集まりに遅れるのはNGである。

時間になったらパチンコをやめて、遅れないで待ち合わせ場所に行くのが世間の常識だったことを再認識!

②良い大人は、飲みは適度な時間(夜10時~0時)に終わるものである。

50代になったいい大人は、次の日のことを考えて早めに帰宅するようである。夜0時集合の飲み会とかは論外であることを再認識!

③パチンコ業界の人は若く見える。

一般業界の人は歳相応に老けていく。パチンコ業界の人は若く見える。不規則な生活ばかりしている業界なのになぜ若く見られるのかは不明…。

④漢気ジャンケンをしらないし、しない。

一般の業界の人は漢気を見せないらしい。パチンコ業界はすぐに漢気を見せたがる!

⑤二次会はキャバクラじゃない。

パチンコ業界は二次会三次会はキャバが定番だが、普通の人たちは次も普通の居酒屋である。

⑥ドーピングをしない。

一般の人は歳とともに諦めるが、業界の人はドーピングをしてでも女性を喜ばせようと頑張っている!

(ちなみに、あくまで私が当然だと思っていただけなので、もちろんそうではない業界人もいる)

私はなにげにボンボン高校に通っていたので同級生は固い仕事だったり公務員だったりでチョット極端なのかもしれないが、色々勉強になったし、色々再認識した同窓会であった。

で!

再認識!!

私はやっぱりパチンコ業界が好きである!!!。

ではっ!