pachibee
動画検索

ラグビーは冬のスポーツ?

2017年10月18日

こんにちは!荻原秀樹です!

いやぁー、すっかり季節はですねー



って、さすがに東京ではまだこんな紅葉は観られませんがね(笑)。これは数年前に神宮外苑で撮った写真です!(笑)

とはいえ先週・今週はじめは雨ばかりで、余計に寒さが増して秋を通り越して冬のような装い…。つい最近までTシャツを着ていたとは思えないくらいの気温になってまいりました。そんな状況なのに台風が太平洋で発生していたりと中々ワイルドな天候です!

ちなみに、先ほどの神宮外苑は有名なとこに神宮球場や国立競技場等ありますが、あの写真に一番近い競技場は神宮秩父宮ラグビー場だったりします。秩父と名前についているので埼玉県の秩父と勘違いしている人が多いのですが秩父ではなく秩父宮です。神宮にあります(笑)

荻原は、高校3年間ラグビー部に所属していたので、オンシーズンとなる秋は心躍る季節だったりします。以前、ラジオで「ラグビーは冬のスポーツ」と話したのですが、同じラジオで話していた女性パーソナリティは全然信じてくれませんでした(笑)。どうしても『冬のスポーツ=雪・氷上のスポーツ』という印象なんでしょうね。しかしラグビーのオンシーズンは9月末から2月末まで、まさに秋から春手前までと完全に冬シーズンなんですねー。

有名なのは高校ラグビー。東大阪の花園ラグビー場が全国大会の開催競技場なんですが、年末年始に開催されます。大学ラグビーやトップリーグ(社会人ラグビー)も秋から冬にかけて熱戦を繰り広げ、2月末くらいに日本一決定戦が行われます。ちなみに高校サッカーも全国大会は正月ですねー(笑)。

さて、そんなラグビーですが中々メジャースポーツになれないのが難点でして…。その大きな理由の一つが、ルールが分かり辛いというのがあります。

「今レフリーがホイッスル鳴らしたけど、何の反則?」
「反則してるっぽいのに、今度はレフリー何故か笛鳴らさないよ?」

等々、ラグビー経験者や常連観戦者じゃない限りよく分からなくなってくる(笑)。

ちなみに、反則しているのに笛が鳴らないのは『アドバンテージ』といって、反則された側のチームに有利に働いて展開している場合、プレイを継続するというもの。だから、反則後しばらく様子を見るのだが、膠着したり反則された方が不利な展開になった時点で先ほどの反則が適用されホイッスルが鳴るという状況になります。…と、文章で書いても中々わかってもらえないんですよねー(笑)。

あと、ルールが複雑になっている理由にオフサイドがあるのですが…。「そんなのサッカーにもあるじゃん」と、お思いかもしれませんがラグビーはオフサイドが3・4種類ありますんで、今のオフサイドはどのオフサイドか素人は分からなくなっちゃうんだと思います…(笑)。

てな感じで、中々メジャーになりえない理由はもしかしたら他にもあるかもなんですが、実際にルールが分からなくても、激しいコンタクトプレー華麗なラン、それに迫力のあるキック、そして豪快なトライを見るだけでも面白いはずなんで、是非今シーズン機会がありましたらラグビーの試合を観てほしかったりします!

そんなラグビーですが、2019年にラグビーワールドカップが日本にやってきます!2年前、南アフリカ(当時世界3位)に逆転勝利したあの興奮を日本地元開催で観られるのを今から期待しております!実は今年の11月からチケット発売開始という事でチケットがゲット出来るかどうか今からワクワクです!もしも観戦してみたいという方がおられましたら、現在購入エントリー用のIDをネットで習得できますので確認してみて下さいね!

そういえばパチスロで『スクールウォーズ』(ラグビーのドラマ)があったみたいですけれど、結局遊べずじまいだったのが今でも心残りでございます…。

って、今回のコラムはラグビーコラムになってしまいました…(笑)。次回はもう少しパチンコ・パチスロの話をしたいと思います!

という事で、またお会いしましょう!!

アデュー!!