pachibee
動画検索

新機種導入
2019年11月05日
パチスロ北斗の拳 天昇
パチスロ サラリーマン金太郎~MAX~
デジハネP七つの大罪 エリザベスVer.
P牙狼コレクション
P忍者ハットリくん~決戦!サイバーからくり城の巻~上忍ver.
P忍者ハットリくん~決戦!サイバーからくり城の巻~中忍ver.
P亜人~衝戟の全突フルスペック!~319ver.
P亜人~衝戟に備えろ!~199ver.
Pちょいパチ清流物語3
CRマッハGoGoGo GP7000
PA緋弾のアリアAA JD設定付
2019年10月28日
パチスロ 蒼穹のファフナー EXODUS
2019年10月21日

こんな機種は作っちゃダメ! 型式試験事件簿

2019年06月15日

このコラムをご覧になっている方は、ご存知のことでしょう。パチンコやパチスロの新機種が世の中に出てくるためには、保通協(保安通信協会)で遊技機規則や内規に則ったものであるか厳しい目で検査されます。パチンコ・パチスロは、賭博ではなく遊技ということになっており、その遊技の幅を逸脱しないように。様々な規制があるわけです。

業界サイトなどを眺めていますと、毎月初めに「パチスロは何機種適合。適合率は??%」などというニュースが流れます。それとは別に「注目の×××(機種名)が検定通過」というものも。分かりにくいですね。

新機種を世に出したい場合、まず保通協の試験に合格する必要があります。適合と言います。この結果書を持って、各都道府県の公安委員会に「お墨付きをもらったから設置させてよ」とお願いをし、設置許可を受けます。これを検定通過と言います。メーカーがお願いしなかった県には、設置できませんし、適合を受けていても「ウチの県はダメ」と言われることもあります。

適合の段階では、メーカー名や機種名はわかりません。なので、何機種が適合しましたよというニュースになります。検定は都道府県によって異なりますが、メーカー名も機種名も判明します。東京都に設置許可をもらわない機種は少ないので、東京を参考にするのが一般的ですね。

一般の方々は打ててナンボなので、検定情報の方が興味あるでしょう。しかし、私は保通協の型式試験に興味津々です。というのも、不適合となった理由を全部ではないにせよ公表してくれるからです。毎月初の楽しみです。なんかヘンな機種を作ろうとしている。そんな予告音が聞こえたりしますし。

そんなウォッチャーが見て驚く不適合の理由、事件簿を書いてみたいと思います。うん。性格の悪さが出ますね(笑)。


まずは、あまり面白くない普通の不適合理由から。

○出玉率関連

不適合理由の第一位。パチスロでは400G・1600G・6000G・17500Gと4段階で出玉率の上下幅を逸脱していないか実際に打ってチェックされます。17500G持ちこたえたからOKとも言い切れません。全部で何ゲーム回すかは決められておらず、所定ゲーム数は“ダメなところ取り”されます。闇の部分でもあるので、あとは皆さんのご想像にお任せします(笑)。

○ケアレスミス系

基板関係のケアレスミスが多いです。プログラムの未使用領域をどうするか。外部へ持ち出されないか、容易にプログラムを読み取られないか、このあたりは不正改造防止の観点から厳しく決まりごとがあります。

しかし、それ以外にも情けないものが。型式試験には5台を提出しなければなりません。たまにあるんです。5台のうち1台のリール配列とかが違うというのも。仕様書も提出するので、うん違うよねって話です。また、クレジットが50以上にできるとか。社内でのテスト用の筐体を持ち込んでしまったに違いない(笑)。

○技術上のミス

リアルボーナス消化中にコインが減るゼロボ方式はありますが、一応は通常時よりも期待値を高くしなければなりません。6号機はそれが多いかな。それ以外にも、ボーナス成立時や内部成立中、消化中の処理や小役の入賞の優先順位なども遊技機規則や内規によって定められています。

私はこれが大好物ですが、チンプンカンプンだと思うので割愛します(笑)。


続いてはビックリ仰天の新アイデア未遂。

○コントローラー? 踊るためのシート?

筐体からコードが出ていて、その先に演出で使う何かがあったらしいです。家庭用ゲーム機などで、本体と別売りの専用コントローラー(シューティング系ならショットガンとか)や、リズムに合わせて踊るためのシートのようなものでしょうか。

不適合になった理由をザックリ書きますと“コードが切れたらどうすんの?”“置き方が悪いと隣の台のものと分かりにくいよね?”というものでした。言われてみれば納得です。出玉に関わることは難しそうですが、その演出だけ代打が流行したりね。

なお、コナミさんに「ダンスダンスレボリューションとか作ろうとしました?」と質問してみましたが「例えウチでもウチとは言えませんが、本当にウチではありませんwww」とのことでした(笑)。

○業界初スメル機能!

演出の際に、匂い袋を使ってプレイヤーの嗅覚に働きかけようとした機種もありました。グルメ漫画系とか、確かにソソられるかも。お腹が空きすぎて食べ物屋に飛び込みそうですが(笑)。

こちらも不適合になった理由をザックリと。“匂い袋は劣化するので、台のコンディションが変わるよね?”ということ。

匂い袋を置くスペースを筐体の外側に用意して、内部は送風ファンのみ。ホールが任意で置ける形にしたら大丈夫だったような気がします。これはまだ脈があるのかな? ただし、かなりの確率でパクられそう。治安の良いホール限定となりそうです(笑)。


そんなこんな。小難しい内容あり、怒りたくなるケアレスミスあり。そして、笑える内容もある保通協発表の不適合理由。ホームページでは統計資料の欄にあるので、気になる方は下のほうまでチェックしてみてください。

↓保安通信協会のHP。
http://www.hotsukyo.or.jp/examination.html