pachibee
動画検索

【S】SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~絆2

2020年06月29日

 
【2020/6/29更新】

BC&BT終了時の状態移行抽選などが判明!

BC&BT終了時の状態移行抽選が判明。さらに、シナリオ別の「争忍の刻」開始画面についても振り分け詳細が分かった。

■BC&BT終了時の状態移行抽選
BCもしくはBT終了で通常時へ移行する際は、滞在状態の移行先を決定する抽選が行われる。
なお設定5・6のみ超高確へ移行する可能性があるため、要注目だ!


■シナリオ別 「争忍の刻」開始画面振り分け
滞在シナリオと非継続・継続・継続(複数ストックあり)の組み合わせによって、開始画面の振り分け率が異なる。
なお「設定示唆」を選択した場合は「設定示唆パターンの振り分け」によって画面を決定する。

振り分け詳細は⇒コチラ



【2020/4/28更新】

BT中の追加詳細情報が判明!

朧チャンスの格上げ抽選や「争忍の刻」のゲーム数振り分けについてなど、BT中の追加詳細情報が分かった。

■「追想の刻」開始時の朧チャンス格上げ抽選
「追想の刻」開始時は、セットごとに朧チャンスへの格上げ抽選を行う。
「追想の刻」中にBCが当選した場合も同様の格上げ抽選を行っており、「絆Lv0」の状態で「追想の刻」中にBC当選で継続した場合は、格上げ抽選にハズれた場合でもBC後の「追想の刻」が「絆Lv1」でスタートする。


■BT中、BC当選時の絆玉獲得抽選
BT中にBCが当選した場合は、状況に応じて絆玉獲得抽選を行い、当選した場合は絆玉数が加算される。獲得した絆玉は、次回の「争忍の刻」で使用する。
なお「絆モード」の「争忍の刻」中にBCが当選した場合は絆玉が4個加算され、次回も「絆モード」が確定!?する祝言モード状態となる。


■「争忍の刻ゲーム数」抽選・10人状態について
「争忍の刻」開始時は、10人状態のゲーム数に応じて「争忍の刻ゲーム数」抽選の抽選を行う。ゲーム数は抽選されたゲーム数の範囲内で均等振り分けの上で決定され、「争忍の刻ゲーム数」と「10人状態ゲーム数」はどちらもMAX41Gとなっている。

①「10人状態ゲーム数」抽選
甲賀10人が出現する10人状態は、「争忍の刻」開始時に移行を抽選。移行率は1/1820.4
10人状態はゲーム数で管理しており、「争忍の刻ゲーム数」と同様に抽選されたゲーム数の範囲で均等振り分けの上で決定され、ゲーム数を消化するまで滞在する。

なお10人状態に当選した場合は、当該セット継続確定&絆高確の縁モードも確定!? さらに、10人状態中に当選したBCは全て「月下閃滅」となり、41ゲームを選択した場合はその時点で「月下閃滅」が確定!?

②「争忍の刻ゲーム数」抽選

 



【2020/4/23更新】

設定ごとのBC当選時のBT突入率やプレミアム演出の詳細などが判明!

設定ごとのBC当選時のBT突入率を始め、前兆ゲーム数やプレミアム演出の詳細が分かった。

■BC当選時のBT突入率詳細(通常時)
BC当選時のBT突入率について、設定毎の詳細が判明。


■BT裏ストックについて
通常時のチャンス目成立時は、BT裏ストックを抽選。裏ストックがある場合は、BT突入抽選に当選した場合のみストックしていた個数を加算する。また、救済機能発動時に裏ストックがあった場合は、その時点でBT確定!?

なお、裏ストックは高設定ほど獲得しやすいため、BT1セット目にストック示唆演出(BGM変化など)が発生すれば高設定に期待!


■BC当選時の前兆ゲーム数
BC当選時は、当選時の状態やBCの種別に応じて前兆ゲーム数を抽選。瞳術揃いからのBC当選やPBC当選時は、前兆を経由せずに次ゲームにBCが開始される。

<通常時>

<BT中>

BT中は状況に応じて、前兆ゲーム数の補正(①~③)を行う。

①「朧チャンス」中
残りゲーム数が前兆となり、終了画面で告知(朧の「まだです!」)が発生する。

②「争忍の刻」中
「争忍の刻」の残りゲーム数から当選した前兆ゲーム数を減算。減算後の残りゲーム数が5G以下の場合、残りが全て前兆となり、天膳バトル後にBCを告知する。

③BT中共通
当選した前兆ゲーム数が「追想の刻」または「争忍の刻」の残りゲーム数より長い場合は、「追想の刻」「争忍の刻」の残りゲーム数が前兆ゲーム数となる。


■「争忍の刻」のステージ選択について
「争忍の刻」中は、基本は継続率に対応したステージが選択されるが、継続示唆として矛盾が発生する場合がある。「ステージの矛盾」は継続時のみ選択され、非継続時は継続率に対応したステージで終了する。

●昼ステージで終了⇒継続率AorB
●夕方ステージで終了⇒継続率C
●夜ステージで終了⇒継続率D

なお駿府城ステージは継続確定!?かつ継続率DorEの場合に選択される(継続率Eの可能性アップ)。

<上記法則による例>
①BT突入画面が朧(継続率C以上のシナリオ)
昼ステージは矛盾となるため継続確定!?
夜ステージは「激闘」の可能性もあるため、継続率Dでも終了する可能性はあるが、「安定」「超安定」の矛盾、もしくは「夢幻」なら継続確定!?

②BT突入画面が天膳(継続率D以上のシナリオ)
昼・夕方ステージは矛盾となるため継続確定!?
夜ステージは「激闘」の場合のみ、終了の可能性あり。

③シナリオが確定、もしくは絞り込めている
次セットが「夕方ステージ」だと予測できる場合、下位の「昼ステージ」でも矛盾のため終了のピンチなし!

④1戦目終了で示唆演出が何もなく、シナリオが全く分からない
昼ステージで終了した場合は「しりあがり」「超しりあがり」「波乱」のいずれかだったと絞り込める。


■プレミアム演出
いずれも演出発生時はBC+BT当選が濃厚!

<お胡夷演出>
「河童」が登場。【やじきた道中記乙】

<地虫占い演出>
占いの結果が「デカチリ」。【アステカ】

<弾正匠の技演出>
書状に「アルテミスの矢」が刺さる。【ミリオンゴッドシリーズ】

<夜叉丸と蛍火演出>
夜叉丸が「ビリー」を差し出す。【HANABIシリーズ】

<朧とお幻演出>
壺から「はっちゃん」が登場。【タコスロ】

<小四郎籠斬り演出>
籠の中から「やじきた御一行」が登場。【やじきた道中記乙】

<陽炎吐息演出>
「V図柄」が落下。【バーサス】

<伊賀者を捜せ演出>
登場する船が「弥生」のイタ(痛)船。【アナザーハナビ弥生ちゃん】

<朱絹と小四郎演出>
小四郎に「朱絹柄」の布をかける。

<陣五郎演出>
陣五郎に「朧フィギュア」がぶつかる。

<一大事報告演出>
「家康」が登場。

<朧と月演出>
月に「空飛ぶやじきた」が登場。【やじきた道中記乙】

<宿怨の魂演出>
女衆(朧・蛍火・朱絹・陽炎・お胡夷)集合。

<蛍火ルーレット演出>
ルーレットのシンボルがすべて「夜叉丸」。

<響八郎疾走演出>
響八郎が「オリンポスステージ」にたどり着く。【ミリオンゴッドー神々の凱旋ー】



【2020/3/28更新】

通常モードテーブルやBT中のシナリオ振り分けなどが判明!

通常モードテーブルやBT中のシナリオ振り分けなどが判明した。振り分け率には設定差もあるため、設定推測にも活用できるだろう。

■通常モードテーブルの振り分け率
通常モードテーブルは、有利区間移行ゲーム時に抽選によってセットされ、有利区間終了時にリセットされる。
偶数設定は通常モードCスタート(テーブル8・9・11・13)が優遇されており、高設定ほどテーブル14・15を選択しやすくなっている。


■BT中のシナリオ振り分け率
BT中のシナリオは、有利区間移行ゲーム時に抽選によってセットされ、有利区間終了時にリセットされる。
奇数設定は「波乱」を選択しやすく、偶数設定は「朝駆け」「安定」を選択しやすくなっている。なお、PBC当選時は「激闘」がセットされる。


■BT開始画面の振り分け率
BT開始画面は、シナリオとBTストックの有無で振り分け率が異なる。
※シナリオ1・2・3・5・6・8選択時は「弦之介」のみ


■追想の刻
<次回予告>
「追想の刻」中に発生する次回予告は、1~12セット目まで各2話ずつ対応しており、奇数話・偶数話のタイトルでシナリオNo.の奇数・偶数を示唆している。

●示唆の例
2セット目に妖郭夜行(アニメ4話)が発生⇒偶数シナリオ示唆

<キャラクター>
画面左下に以下のキャラクターが登場すれば、特定の継続率やシナリオの示唆となる。

●天海
当該セットの継続率がDorE。

●家康
当該セットの継続率がE、もしくはシナリオ9or10。


【2020/3/16更新】

「絆玉」獲得に関わる「絆レベル」の存在が判明!

「絆玉」獲得抽選を管理する「絆レベル(Lv)」の存在が判明した。その他にも、新たな設定示唆詳細やループストック抽選詳細などについても分かった。

■「争忍の刻」開始画面での設定示唆
開始画面は主に当該セットの継続やシナリオを示唆しているが、以下の5種類は継続確定!?+設定示唆となる。

※PBC後のBT1セット目で必ず出現する「弦之介&朧」(赤紫色の背景で弦之介が笛を持っている)は、示唆要素が無いので注意


■「絆玉」獲得抽選
「絆玉」の獲得抽選は「絆レベル」で管理。絆Lvは1~4までの4段階あり、セットごとに切り替わる「絆高確テーブル」が存在。
※「絆高確テーブル」はBT突入時に決定。
絆Lvごとに「絆玉」の獲得期待度が異なり、Lv3・Lv4は「絆玉」を1つストックした状態でスタートするため絆高確が確定!?

<朧チャンス>
絆Lv4選択時は「朧チャンス」へ突入。

また、絆Lvはセット開始時とBCによる継続時に格上げ抽選を行っており、「朧チャンス」への突入契機は上記の他に、後述の同色高確状態でのBC当選から高確率で突入する。

<絆高確テーブルの補足事項>
●4・7・9セット目は絆高確濃厚で、絆高確非発動時は次セットが「朧チャンス」スタート(テーブル6~9)、もしくはテーブル5の期待が持てる。
●1セット目にLv3を選択するテーブル(テーブル3・4・9・10)の割合が多ければ、高設定期待度アップ。
テーブル5は高設定でのみ選択されるため注目。ただし、5セット目まで継続しなければ判断できない。


■同色高確状態
同色高確状態はゲーム数で管理。BT中のハズレ・チャンス役時に抽選を行っており、チャンス役成立時は同色高確への移行が確定!?
同色高確状態中に再度ゲーム数が当選した場合は、残りゲーム数に加算される。なお、ゲーム数のクリアはBC当選時とBT終了時のみとなっており、セット継続時にゲーム数が残っている場合は、次セットにも反映される。

<同色高確状態のBC抽選>
同色高確状態でのBC当選は同色以上が確定!?するためBC中のBTストックに期待できる。
また、内部的に当選していたBCの種類でBC終了後の「朧チャンス(絆Lv4)」期待度が変化しており、異色BC以外が当選した場合は終了後の「朧チャンス」突入が確定!?


■ループストック抽選の詳細
ループストック確率は「50%ループ」と「80%ループ」の2種類。ループストック条件達成時にループ率を決定し、非当選になるまでBTストックを1個ずつ加算する。


■通常時の発展演出期待度
各演出の期待度は以下のとおり。
なお、タイトルが花火柄で演出に成功した場合はBC+BT濃厚で、「念鬼を倒せ」の花火柄タイトルは発生した時点でBC+BT濃厚となる。


【2020/3/7更新】

通常モードやシナリオの示唆詳細などが判明!

様々な状態における通常モードやシナリオの示唆演出やその詳細などが分かった。

■通常時 BC当選時のBT突入抽選
BC当選時に設定・通常モード・状態に応じてBT突入を抽選。
通常モードD滞在時はBT確定!? さらに「争忍の刻」1戦目で、いずれかの絆高確発動が濃厚となる。


■BC中のBTストック抽選
当選したBCの種別によってストック当選率が異なる。なお、BT中の異色BCとEPBC、同色BCとPBCは当選率が共通となる。
※ストック当選時はカットインが発生し、狙えば瞳術図柄が揃う

<月下閃滅>
月下閃滅のストック当選率は以下のとおりで、ハズレや押し順ベル(押し順不問含む)でもストックに期待できる。
※ストック当選時はカットインが発生し、狙えば瞳術図柄が揃う


■ループストック抽選の概要
以下のパターンにおいてループストック抽選が行われることが判明した。

<BC>
前作「バジリスク絆」と同様に、オール押し順ベルでBCが終了した場合はループストック抽選を行う。
※通常時の異色BCを除く

<月下閃滅>
BTストックを1つも獲得できなかった場合にループストック抽選を行う。

<その他>
通常時に「通常モードテーブル5」がセットされた際、BC7回スルーでのBT当選時にループストック抽選を行う。


■BC入賞時のテンパイボイス法則
BC入賞時のテンパイボイスの法則が分かった。基本は「赤頭BC⇒弦之介」「青頭BC⇒朧」となっており、矛盾した場合はBT確定!? また、弦之介・朧以外のボイスが発生すればBT当選or上位BC確定!?


■朧BC終了画面による次回通常モード示唆
BT非突入時の終了画面では「星空(デフォルト)」「流れ星」「流星群」「月」「赤満月」のいずれかが選択され、次回モードごとに以下の選択率で出現する。
●流星群⇒モードA否定!?
●月⇒モードCorモードD!?
●赤満月⇒モードD確定!?


■天膳BCの告知タイミングによるシナリオ示唆
告知が発生した際のゲーム数(レバーON時の表示)で特定のシナリオを示唆することがある。なお、レア役などで当選した場合(当該ゲームor次ゲーム告知)は、告知ゲーム数によるシナリオ示唆が無効となるため注意。
●残り3Gで告知⇒激闘or夢幻!?
●残り6Gで告知⇒超安定or激闘or夢幻!?
●残り9Gで告知⇒安定or超安定or激闘or夢幻!?
●残り12Gで告知⇒超安定or激闘or夢幻!?
●開始1Gで告知⇒夢幻確定!?


■「争忍の刻」開始画面のシナリオ・継続示唆
以下の基本キャラ以外が表示された場合は、特定のシナリオや当該セットの継続を示唆している。
※基本パターンは、奇数セットは甲賀キャラ、偶数セットは伊賀キャラ

<1~12セット目の基本キャラ>
●甲賀⇒豹馬・左衛門・刑部・将監・丈助
●伊賀⇒小四郎・念鬼・陣五郎・夜叉丸・蝋斎

<13セット目以降の基本キャラ>
キャラ矛盾発生で継続確定!?

●奇数セット⇒弦之介
●偶数セット⇒朧

<基本キャラ以外の示唆内容>
●お胡夷・蛍火⇒シナリオ3・4否定
●陽炎・朱絹⇒シナリオ1or8確定!?
●地虫・天膳⇒次セットから12セット目まで継続率D以上!?
●デフォルメA(甲賀キャラ釣り画面)⇒継続確定!?
●デフォルメB(弦之介・朧・陽炎)⇒複数セット継続確定!?
●デフォルメC(伊賀キャラ花見画面)⇒シナリオ2or6 + 継続確定!? (継続率A選択セットでのみ発生)

<1~12セット目のキャラ法則崩れ時>
奇数・偶数セットの甲賀・伊賀法則崩れ時は、各キャラのアニメ絵が出現。アニメ絵出現時は、キャラごとの示唆内容(上記参照)に加えて、当該セットの継続とシナリオNo.の偶奇が確定!?

●甲賀キャラのアニメ絵⇒奇数No.のシナリオ(シナリオ1or3or5or7or9)
●伊賀キャラのアニメ絵⇒偶数No.のシナリオ(シナリオ2or4or6or8or10)


■BT終了時のセリフ
BT終了時はサブ液晶をタッチ。弦之介や朧が喋るセリフなどで通常モードの示唆を行う。

●朧「何かが起こる予感がします」⇒テーブル8or9or11or12or13or14or15or16
●弦之介「怪しき気配じゃ」⇒テーブル8or9or13or14or15or16
●絆ランプ点灯⇒テーブル15or16


■「絆を紡ぐ十箇条」の詳細
小冊子に記載されている「絆を紡ぐ十箇条」について、その詳細内容が判明した。

<一.通常時にPUSHボタンを押してみよう!>
有利区間開始からの消化ゲーム数とBC回数がチェックできる。

<二.通常時に払い出しLEDが白く光ると・・・!? さらに、紫に光れば・・・!!>
白く光るとモードC以上!? 紫に光るとBTストックが確定!?

<三.キャラセリフ演出で、幼少期の「弦之介」や「朧」が登場すると・・・!?>
前兆中以外なら、超高確5ゲーム滞在の期待大。

<四.BC中、「開眼カットイン演出」や“ビリー音″発生時に「CHANCEボタン」を押してみると・・・!?>
●開眼カットイン演出⇒瞳術図柄揃い成立だった場合に先告知される可能性あり
●ビリー音発生時⇒BTランプ(リール右側)のLEDがレインボーになる可能性あり
※LEDレインボーはループストック80%確定!?

<五.「弦之介BC」中は撃破人数に注目! 撃破人数が赤文字なら・・・!?>
設定示唆+BT当選確定!?

<六.BT中に『愛する者よ、死に候え』が流れると、シナリオやストックが・・・!?>
BTストック3個以上+シナリオ2・3・6否定。また、シナリオ1or5or8中に流れた場合はストック5個以上確定!?

<七.BT中のBC開始時に『ヒメムラサキ』が流れると・・・!?>
EPBC中以外なら、BC終了後の「朧チャンス」が確定!?

<八.BT中、ナビボイスが「朧」に変化しているときにBCを引ければ・・・!?>
同色BCかつ、1/4で「朧チャンス」へ突入!?

<九.「争忍の刻」の4・7・9戦目は、「絆高確」発動の大チャンス! 発動しなかった場合は、次回の「追想の刻」が・・・!?>
4・7・9戦目で「絆高確」が発動しなかった場合、次回「朧チャンス」スタートの大チャンス!

<十.BT終了画面でサブ液晶をタッチしてみよう!>
セリフなどで次回通常モードのテーブルを示唆。


【2020/2/29更新】

通常時の滞在状態やBC抽選などが判明!

通常時の滞在状態移行についての詳細が判明。また、一部ではあるが通常時のBC抽選についてなども分かった。

■BC図柄振り分け率
前作同様に、奇数設定は「青頭BC」偶数設定は「赤頭BC」が出現しやすくなっている。なお、月下閃滅は赤同色揃いからスタートする。
※設定1は青頭・赤頭が均等


■通常時の滞在状態
通常時の滞在状態はゲーム数で管理されており、成立役に応じて現在の通常モードと滞在状態から高確ゲーム数および超高確ゲーム数の抽選を行う。
※滞在状態のゲーム数は、BC終了時にクリアされる

ゲーム数振り分けに当選した場合は、当選した滞在状態に応じてゲーム数を抽選。超高確滞在中に超高確ゲーム数に当選した場合は、ゲーム数が加算される。


■通常時のBC抽選
通常時は毎ゲーム、滞在状態に応じて異色BCおよび同色BCの抽選を行っている。

瞳術図柄揃い(リプレイB)でのBC当選時は、月下閃滅orPBC確定!?

また、有利区間移行ゲームでのBC当選時は、EPBCor月下閃滅orPBC確定!?

※1 押し順不問ベルを含む
※2 左リールから止めた場合、瞳術図柄は揃わない(内部的なフラグはリプレイB)


■通常時の高確示唆演出(追加情報)
高確に期待できる演出法則の追加情報が判明。なお、ステージチェンジ前兆・BC前兆・BCフェイク前兆で発生した場合を除くので注意。

<陣五郎演出>
笛+レア役否定で高確期待度アップ。

<ステップアップ演出>
「SU0=ハズレ」「SU1=リプレイ」「SU2=押し順不問ベル」の対応役矛盾で高確期待度アップ。

<弾正匠の技演出>
ハズレシンボル+小役揃いで高確以上濃厚。

<小四郎籠斬り演出>
押し順ベル成立で高確以上濃厚。

<陽炎吐息演出>
ハズレシンボル+ベル揃いで高確以上濃厚。

<伊賀者を捜せ演出>
船なし+ベル揃いで高確以上濃厚。

<朱絹と小四郎演出>
豪華な布+レア役否定で高確以上濃厚。

<甲賀ミニキャラ 弦之介演出>
「後ろを向く<書を出す<刀を抜く<刀を構える<刀を構える+オーラ大」の順に高確期待度アップ。「刀を構える+オーラ大」は超高確濃厚。

<伊賀ミニキャラ 朧演出>
「転ぶ<扇子を出す<舞の構え<舞う<舞う+回転」の順に高確期待度アップ。「舞う+回転」は超高確濃厚。

<甲賀ミニキャラ 刑部演出>
押し順不問ベル成立で超高確濃厚。

<伊賀ミニキャラ 小四郎演出>
押し順不問ベル成立で超高確濃厚。

<キャラセリフ 駿府演出>
宗矩出現+レア役否定で超高確濃厚。


■通常時のモード示唆演出
様々な演出で滞在モードを示唆する。

<忍びの玉演出>
文字出現時にモード示唆を行う。なお、各前兆中・レア役成立時は除くので注意。

●怪
モードB以上の期待度アップ(期待度:低)。

●気配
モードB以上の期待度アップ(期待度:中)。

●兆
モードB否定&モードC以上の期待度大幅アップ。

●好機
モードC以上濃厚。

<甲賀ミニキャラ 陽炎演出>
パターンの内容でモード示唆を行う。なお、各前兆中・レア役成立時は除くので注意。

パターンは「後ろを向く<ため息<左肩を出す<両肩を出す<妖艶なポーズ」の順に高モード期待度アップ。「妖艶なポーズ」はモードDの期待度大幅アップ。

<伊賀ミニキャラ 天膳演出>
パターンの内容でモード示唆を行う。なお、各前兆中・レア役成立時は除くので注意。

パターンは「去る<不機嫌<微笑<笑う<大笑い」の順に高モード期待度アップ。「大笑い」はモードDの期待度大幅アップ。

<ステージ移行の矛盾>
「甲賀卍谷⇒七里の渡し」「伊賀鍔隠れ⇒佐屋路」といった矛盾発生でモードC以上濃厚。

<カットイン演出>
演出発展ゲームで弦之介カットインが発生し、BC非当選だった場合はモードC以上確定!?


■「争忍の刻」の人数決定演出の法則
人数決定時のおおまかな法則が判明した。

<伊賀の人数が奇数>
絆高確確定!?

<人数差が4人以上>
継続確定!?

<甲賀の人数が10人>
継続確定!?

<人数差が1人>
絆モード確定!?

<伊賀の人数が7人以上>
絆高確確定!? 8人以上なら複数の絆高確or絆モード!?

<伊賀の人数が9人>
絆モード以外なら継続確定!?


■「天膳バトル」の掛け合いの法則
1対1になった後、「発展告知⇒会話⇒鍔迫り合い⇒決着⇒結果告知」の5ゲーム構成が基本で、発展告知または会話部分のゲーム数が長いほど継続に期待が持てる

会話部分は「弦之介⇒天膳」の順番で会話が成立し、鍔迫り合いへ移行する流れが基本だが、「天膳⇒弦之介」のパターンなら継続のチャンス。後半で朧が登場すれば継続の大チャンスとなる。なお、朧は「弦之介⇒天膳」のパターンからの方が登場しやすくなっている。


【2020/2/21更新】

小役確率や通常モードテーブルなどが判明!

設定判別要素である各小役の確率や、モード推測に役立つ通常モードテーブルの詳細などが判明した。

■小役確率

弱チェリーは高設定ほど確率が上がるため、忘れずにカウントしたい。また、共通ベルは設定1と4、設定2と5、設定3と6で確率が同じになる特徴がある。


■通常ゲーム中の滞在状態
通常ゲーム中は、「通常」「高確」「超高確」のいずれかに滞在し、通常<高確<超高確の順にBCおよびBTの当選期待度が高くなる。

<状態移行抽選>
有利区間移行時およびBT非突入時に移行抽選を行う他、滞在状態移行のメイン契機はチェリー成立時となっており、強チェリー成立なら滞在状態が必ず昇格!?

なお通常状態中は、高確or超高確の、高確・超高確状態中は超高確のゲーム数抽選を行う。

<巻物>
BC抽選のメイン契機役は巻物(チャンスリプレイ)となっている。なお、有利区間移行のタイミングでレア役が成立すれば、エピソードBCや上乗せ特化ゾーン「月下閃滅」、プレミアムBCの当選確率が通常よりも優遇される。
※有利区間移行ゲームでの巻物成立時は25%でエピソードBCに当選


■通常モードテーブル
通常モードはテーブルで管理しており、有利区間移行のタイミングで通常モードテーブルをセット。また、救済機能発動時の同色BCでBT非突入の場合は、有利区間移行のタイミングで通常モードテーブルを再抽選する。
<モードの特徴>
通常A<通常B<通常Cの順に、滞在状態の移行期待度およびBC当選時のBT突入期待度が高くなる。また、BCスルー回数の他に、チャンス役成立時には通常モードの昇格抽選を行っている。

●通常D
滞在時はBC当選でBT突入が確定!? さらにBT中に絆高確も確定する特殊モードとなっている。

<テーブル5>
「テーブル5」選択時は、BCスルー回数が7回に到達すればBT複数ストックに期待が持てる。


■BCついて
BC中はBTストック抽選を行っており、開眼カットイン演出からの瞳術図柄揃いや、レア役成立時に数ゲームの前兆を経由してBTストック告知を行う。



【2020/2/14更新】

早くも設定示唆要素やシナリオ詳細が判明!

気になる設定示唆要素やAT「バジリスクタイム(BT)」のシナリオ詳細などが判明した。

■設定示唆要素
<弦之介BC中の撃破人数>
通常時のバジリスクチャンス(BC)で弦之介BCを選択した際は、撃破人数の数字で設定を示唆している。


■BT中のシナリオについて
BT中のシナリオは全10個あり、12セットまでセットごとに継続率A・B・C・D・Eの5種類いずれかが選択される。
※継続率は、A<B<C<D<Eの順にアップ
なお、13セット目はシナリオの種類に関わらず継続確定!?となっており、14セット目以降はBT終了まで一律の継続率での抽選を行う。


■BT中のシナリオ示唆演出
BT開始時のキャラクター(弦之介・朧・天膳)や「争忍の刻」開始画面、BT中の楽曲などでシナリオの示唆を行っている。今回は、その一部が判明した。

<開始時のキャラクター>
●朧⇒シナリオ4or7or9or10確定!?
●天膳⇒シナリオ9or10確定!?

<「争忍の刻」開始画面>
●弾正orお幻⇒シナリオ4or9or10(継続率一定シナリオ)確定!?
●服部⇒シナリオ1or5(しりあがり系)確定!?
●徳川⇒シナリオ5or8確定!?


■通常時の高確示唆演出
高確に期待できる演出法則の一部が判明。なお、ステージチェンジ前兆・BC前兆・BCフェイク前兆で発生した場合を除くので注意。

<お胡夷演出>
刑部野菜告知+レア役否定で高確期待度アップ。

<地虫占い演出>
良縁の相+レア役否定で高確期待度アップ。

<夜叉丸と蛍火演出>
青字セリフ+レア役否定で高確期待度アップ。

<朧とお幻演出>
第3停止告知+押し順ベル否定で高確期待度アップ。

<佐屋路会話演出>
掛け合い発生で高確期待度アップ。

<七里の渡し会話演出>
掛け合い発生で高確期待度アップ。

<響八郎疾走演出>
レア役(共通ベル・弱&強チェリー・チャンスリプレイ・チャンス目)否定で高確期待度アップ。

<蛍火ルーレット演出>
ハズレシンボル+リプレイ成立で高確以上濃厚。

<キャラセリフ 伊賀演出>
リプレイ成立で高確以上濃厚。幼少期の朧登場で超高確濃厚。

<キャラセリフ 甲賀演出>
リプレイ成立で高確以上濃厚。幼少期の弦之介登場で超高確濃厚。


■ユニメモ仕様について
アプリ連動サービス「ユニメモ」において、基本となる小役カウントやミッションに加えて、遊技結果をもとに履歴を画像で表示する「画像履歴」や、通常モードの履歴が記録される「通常モードテーブル」の閲覧機能が搭載されている。

<画像履歴>
ユニメモの「遊技履歴」から画像を表示させることが可能。遊技中の特定条件を満たすことで、結果の上部に表示される画像が変化する。

<通常モードテーブル>
遊技履歴に新規追加された項目で、有利区間突入回数と前回の通常モードテーブル履歴が記録される。なお、ミッション達成率に応じて閲覧できる情報が変動する。


【機種ページはコチラ

©山田風太郎・せがわまさき・講談社/GONZO
℗KING RECORD CO.,LTD.
©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

※掲載されている情報は独自調査です