pachibee
動画検索

新機種導入
2024年07月01日
沖ドキ!BLACK
2024年06月17日
P10カウントチャージ絶狼 神撃135Ver. サンセイR&D
導入日:2022年11月07日
筐体
©2005 雨宮慶太/Project GARO
©2006 雨宮慶太/東北新社・バンダイビジュアル
©2011 「呀」 雨宮慶太/東北新社
©2013 「桃幻の笛」 雨宮慶太/東北新社
©2013 「絶狼」 雨宮慶太/東北新社
©2015 「媚空」 雨宮慶太/東北新社
©2010-2016 雨宮慶太/東北新社
©2016 「絶狼」 雨宮慶太/東北新社
出玉振分入賞口ラウンド数変化右打ち遊タイム機

機種紹介・ゲームの流れ

機種紹介

「P10カウントチャージ絶狼」からライトスペックの『P10カウントチャージ絶狼 神撃135Ver.』が登場した。
本機は、決着まで約10秒の爽快スピードバトルを楽しめる「10カウントBATTLE」は継承しつつ、「大当り確率 約1/135」「10カウントBATTLE継続率 約80%」「右打ち中の10R比率50%」のライトスペックに変化。

さらに、遊タイムを搭載しており、発動すれば10カウントBATTLE突入!?

<遊タイム発動の流れ>
低確率時400回転消化で電サポ250回転へ突入する。


演出面でもライトスペックに合わせて、「演出の改善」「演出時間の短縮」「新演出の搭載」などのブラッシュアップが行われている。


出玉のカギとなる電サポ2回転の10カウントBATTLEは、SPECIAL BONUS後、右打ち中の大当り後に突入。

滞在中の大当り後は再び10カウントBATTLEへ突入する仕様で、継続率は80.00%。また、大当り時の50%が1,000発獲得可能な10R大当りとなっている。
継続率は時短1回転の継続率 約55.3%×2回を合算したもの

消化中は、決着まで約10秒となっているためスピーディーな展開を楽しめる。


なお、初回大当り後の大半が電サポ1回転のCLIMAX BATTLEへ突入。その滞在中に大当りを引き当てることが10カウントBATTLE突入へのメインルートとなる。
※電サポ1回転の継続率は約55.3%


スペックは、大当り確率1/135.96、電サポ(1or2回転)突入率100%のライトタイプ。
※10カウントBATTLE突入率は55.62%(遊タイムからの突入を含まない)
※右打ち中の大当り確率 1/1.8



※液晶の指示に従わなかった場合は、本来の性能で遊技が出来なくなることがある
※画像は他スペックのものを含みます

ゲームの流れ

●基本的な打ち方
通常時は左打ち、電サポ中・大当り中は右打ちで消化。


●大当りの流れ
通常時からの大当りは以下のとおり。

・SPECIAL BONUS
[3][7]図柄揃い後に突入する1,000発獲得可能な10R大当りで、ラウンド終了後は電サポ2回転の10カウントBATTLEへ突入する。

・BONUS
[3][7]以外の図柄揃い(異色[0]図柄揃いも含む)後に突入する200発獲得可能な2R大当りで、ラウンド終了後は電サポ1回転のCLIMAX BATTLEへ突入する。


●大当りの振り分け


※液晶の指示に従わなかった場合は、本来の性能で遊技が出来なくなることがある