pachibee
動画検索

展示会ニュース

「P真・牙狼2」メディア試打

2022年08月25日
8月24日、株式会社サンセイアールアンドディは東京都台東区にある東京支店にて、パチンコ最新機種「P真・牙狼2」のメディア試打を実施した。



STの最高位「黄金ST」を搭載したパチンコ「牙狼」シリーズが登場。


スペックは、実質大当り確率1/319.68、RUSH突入率60.2%、トータル継続率 約81%のミドルタイプ。


初回大当り時は50%が3,000発獲得可能な大当りで、ラウンド終了後はSTタイプのRUSH(時短70回転)へ突入する。



STタイプのRUSHは前半(15回転)「限界即破逆エンブレム」と後半(54回転)「轟天ZONE」の2種類で展開され、大当り時は1,500発or3,000発が獲得可能。


「限界即破逆エンブレム」は、逆エンブレムが完成すれば大当り濃厚の単純明快なゲーム性となっている。



「轟天ZONE」は、様々な演出で大当りを狙うゲーム性となっており、全8種類の牙狼王牙SPリーチが存在する。



STタイプのRUSHが終了してもST最終変動+特図2保留4個のマカパトが発生。マカパトが点灯すれば1,500獲得可能な大当りとなり、ラウンドバトルで勝利すれば以降の電サポモードがループタイプのRUSH「魔戒CHANCE」(時短1,214回転)に変化する。



「魔戒CHANCE」は超高速消化で展開。大当り時は1,500発獲得可能で、ラウンドバトルで勝利すれば再び「魔戒CHANCE」へ突入する。



ラウンドバトルに敗北した場合でも特図2保留4個のマカパトが発生するため、トータル継続率は約81%となっている。


2022年10月3日から導入予定。


※トータル継続率はRUSH状態での当選後からマカパトを含めた次回当選の期待値
※出玉は払い出し玉数
※3,000発は10R+10R
※マカパト発生は特図2保留がある場合のみ
※液晶の指示に従わなかった場合、本来の性能で遊技出来なくなることがある
※右打ち中にヘソ入賞で当選した場合はこの限りではない

©2005 雨宮慶太/Project GARO
©2006 雨宮慶太/東北新社・バンダイビジュアル
©2011 「呀」 雨宮慶太/東北新社
©2013 「桃幻の笛」雨宮慶太/東北新社
©2013 「絶狼」 雨宮慶太/東北新社
©2015 「媚空」 雨宮慶太/東北新社
©2010-2016 雨宮慶太/東北新社
©2016 「絶狼」 雨宮慶太/東北新社
©2017 「神ノ牙」 雨宮慶太/東北新社
©2018 「JINGA」 雨宮慶太/東北新社
©2018 「月虹ノ旅人」 雨宮慶太/東北新社